読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままにloop

ポケモンツイート多め

とりあえず最初の記事を書きます

どうも、ななみそです。

僕は本当はポケモンのことについてブログを書きたかったのですが、ネタが特に思いつかないので今回は僕が歯医者に行って困る事について書きます。

 

ある日、僕は半年に一回の定期診察を受けるために近所の歯医者に向かいました。

 

比較的空いていたのですぐに診察室に通され、僕はマッサージチェアのように勾配を変えられるタイプのベッドの上に何の疑いもなく寝転びました。

 

実はこの勾配を自由に変えることのできるベッドこそが今後僕の天敵になることを、当時の僕は知る由もありませんでした・・・

 

僕がベッドに横になるとすぐに診察が始まりました。

 

ボランティア精神が旺盛な僕は、少しでも歯医者さんの負担を減らすべく大きめに口を開いていました。

 

僕が口を大きめに開いていたことが功を奏したのかどうかは知りませんが、治療はすぐに完了しあとはベッドから起き上がり、あとは口をゆすいで帰るだけ…のはずでした。

 

ところが、ここで問題が発覚しました。なんと、僕の口が閉まらないのです!

 

口が閉まらないとはどういうことかというと、口を大きく開けていたせいで右顎が外れてしまっていたのです。

 

顎が外れるという体験はこの時が初めてだったので、僕は半分パニックになりつつも、もがもがと口を動かしていました。

 

蝶番の部分がうまくかみ合わない感じ、正直とても気持ちが悪いのです。

 

それでも必死になって30秒ほどもがもがしているとカコンッという爽快感ある音とともに顎はもとに戻り、事なきを得ました。

 

その後の日常生活において顎が外れるということはありませんでした。そしてまた半年かそこらの月日がたち、僕はまた歯医者に向かうことになりました。

 

記憶力が乏しい僕ですが、さすがに前回の歯医者で口を開きすぎて痛い目を見たことは歯医者に到着する頃には思い出していました。

 

そこで僕は、今回は日常生活でふぁっとあくびをする程度の開き方をするよう心掛けたのですが…なんともう一度顎が外れてしまったのです!

 

そして、また30秒ほど口をもがもがしている間に考えました。どうして僕の顎は日常生活においては外れることはなかったのに歯医者に来た途端がばがばなのか…?

 

その違いはまず姿勢だろうと考えましたが、横になってあくびをすることだってあったはずです、まだ条件が不足しているように思いました。

 

そこで僕は歯医者特有の勾配を変えられるタイプのベッドに原因を求めました。

 

あのベッドはおそらく上の歯の奥の方まで光を当てるために少し頭が下になるように傾いているはずです。

 

そして最も重要なことは、人の顎よりも人の脳の方が 重い ということです。

 

つまり、歯医者においてのみ僕の蝶番は自分の顎の重量ではなく、脳みその重さを支えていたということになります。

 

なるほどって感じです。

 

このことに気が付いてから僕はもっと口を狭く開ける必要を感じ、とても不親切な客になってしまいましたが(歯医者さんに許可はもらっています)それ以降顎は外れなくなったのでとても安心しています^^

 

みなさんも、歯医者で無理して大きく口を開けるときは気を付けた方が良いかもしれませんね。ちなみに口を大きく開けていても開けていなくてもあまり治療に差は感じられません。

 

この記事を読んだあなたは時間を無駄にしたような感覚に陥っているかもしれません。ですが、安心してください。

 

これを書いた僕の方が時間を無駄にしました。

 

ということで今回はここまで!さようなら^。^

 

クソ記事ってこんな感じかな。

 

あと段落開けた方が良いとか文章が詰まっていて読みにくいなどの感想があればコメントかツイッターで報告していただけるとうれしいです。というかこの記事に価値を見出す術がそれしか思いつきません。

 

 

twitter@nanamiso_poke