読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままにloop

ポケモンツイート多め

ドレミの歌

 どうもななみそです。

 

 2回目の投稿になりますがポケモンの記事はまた次回ということで、今回綴る!のはみなさんも一度は耳にしたことがあるだろうと思われる「ドレミの歌」についてです。

 

(以下ドレミの歌)

 

ドはドーナツのド

レはレモンのレ

ミはみんなのミ

ファはファイトのファ

ソは青い空

ラはラッパのラ

シは幸せよ

さぁ歌いましょう ランランラン

 

 適当なサイトから歌詞をコピペしたのでリズム感をまったく表現できていないのが不満ですね。

 

 では、ここからが本題です。

 

 子供の頃から思っていたのですが、この歌詞イマイチ統一性を感じられないのです。

 

 どうしてドとレまではドーナツレモンと食べ物で流れてきているのにミはみかんではなくみんななのか。

 

 また、違う角度から考えると、みんなの次に採用されたファから始まる言葉がファイトであることから団結的な雰囲気を演出したいという狙いがあったのだと百歩譲りましょう。

が、そのような考えがあったならば最初2つのドーナツとレモンもそれっぽいものにするほうが俄然説得力が増すというもの。にもかかわらずドーナツとレモンうーみ。

 

 これらの違和感は子供向けの歌であるが故にドーナツやレモンといった身近にあるものから歌詞を組み立て始めファから始まるリズムに沿う言葉がファイトしか見つからず、もともとみかんだった場所をみんなに変更し、それっぽい感じにしたのではないかと勝手に想像して無理やり飲み込むとしましょう。

 

 シは幸せよも投げっぱなしなような感じがして少しむずむずするのですがこれは最後なのでこうしたというもっともらしい理由も考えられますので不問。

 

 しかしこれだけではありません。

 これらの違和感をさらに凌ぐ化け物のような違和感がこの歌詞に潜んでいることにみなさんはお気づきでしょうか?

 

 ザッツライト。ソは青い空←ここです

 

 ここ、おかしいでしょ

 

 他の歌詞はきちんと頭文字と音の名前が一致しているのですが、ソはあおいそらが続いているので音の名前はソで頭文字はあなのです。

 

 おかしい    書くの飽きてきました

 

 作曲者も今の僕と同じくソまで歌詞を書くのがしんどくなったのかもしれません。

 ソが終われば完了するなら頑張ろうとも思えるかもしれませんが、ソを倒してもまだシが立ちふさがりますからね。金曜日だったら頑張れるけど〜まだ木曜日だしなぁって現象が起こってもおかしくはない。

 

 しかし作曲者はそこまで怠惰な人間ではないだろうと僕は信じています。きっと何か他の理由があったのです。

 

 僕の貧弱な脳みそではソから始まる単語がなかなか見つからなかったという理由しか思いつかないのですが、他に理由を思いついた方はTwitterで知らせてください。

 

 では、ソから始まる3文字前後の言葉は案外少ないのかどうかを検証したいと思います。検証方法がわかりません。

 

 そこで僕は文字数に制限をかけて遊ぶタイプのしりとりがあったことを思い出しました。3文字しりとり そ 検索

 

 めっちゃ出てくる💢👊

 

 しかし、出てきた言葉をよくよく見てみると結構難しい名詞が多いように見えます。

 

 この一覧表を全部見ていけば簡単な言葉の1つや2つは出てくるのかもしれませんが僕はやりたくありませんし、作詞した人もやりたくなかったかもしれません。

 

 個人的にはソウルいいと思いますね魂。今思いつきました

 

 確かにソから始まる幼児にもわかる言葉というのは少ないのかもしれません。

 

 もしもソから始まるリズムに沿ったいい言葉を思いついたよって方は

@nanamiso_pokeまでお便りください。待ってます

 

 ではでは、また次の記事でお会いしましょ〜^。^ノ