読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままにloop

ポケモンツイート多め

ティターニア冥府エルフ

どうもななみそです

 

睡魔がいつまでたっても襲ってこないので僕が今ハマっているソヤゲであるところのシャドウバースについてクソ記事をひとつ

 

シャドウバース知らないよ〜(^0^)って人は『シャドウバース アリサ』で検索しましょう。かわいい女の子が現れます

 

本題いきますね

 

僕はシャドウバースではエルフデッキの中の冥府エルフというデッキを使っています。

 

冥府エルフというデッキは簡単に言うと自分の墓地を30枚貯めて冥府への道というカードを場に出すと永続的に自分のターンの終わりに相手の顔面と相手の盤面にいるフォロワー全てに6ダメージが入るのでそれをダメージソースとして勝つデッキです。

 

まずはこのデッキの強いところを挙げます

・一度決まると冥府への道を破壊できるカードが環境に少ないため、決まるとだいたい優位に試合を運べます

・6ダメージという火力を食らうと多くのフォロワーは死ぬので返しのターンに反撃をもらいにくいです

・このゲームデッキは40枚なので墓地を30枚貯めるのはかなり難しく思えるかもしれませんがエルフはフェアリーを生み出すカードがたくさんあるので体感デッキ10枚ちょっとと場と手札合わせて10枚ほどの余裕を持って墓地を30枚貯められます

 

つぎに弱いところ

・勝ち筋を冥府への道一本に絞った構成にしていると冥府への道を起動できない状況(手札にコンボパーツが集まらずデッキを回せない、いくらドローしても冥府が手札に来ない)になると勝ち切ることが難しい

・冥府への道を仮に決めたとしても相手の疾走持ちフォロワーに対しての耐性を持たないためトップ解決されることがある。(ネクロで流行りのモルディカイくんも冥府で焼いても、復活して返しのターンに殴られるらしいです)

・序盤と終盤にはある程度解答があるが、中盤あたりに大型フォロワーを連打してくるビショップやドラゴンには不利を取りがち

・事故ると誰にでも負ける。(誤魔化し要素が薄い)

 

適当に箇条書きにしてみました。エルフ使いの皆さんは死ぬほど言いたいことが浮かんでいるかもしれません。それを僕のTwitterにリプライで送って欲しいです。餌にします

 

強みを生かして弱点をできるだけ薄めるようにデッキを組むのが好きなのでまずがっつりコンボに寄せた冥府エルフを僕は作ってみたのですが、これは失敗に終わりました。

冥府への道の性質上どう頑張っても6ターン目くらいにしか起動が間に合わず盤面制圧力を切り詰めてしまっているので6ターン目には僕が死にかけているという状況が頻発しました。(僕が下手くそだったただけという可能性も十分ありますので、ぶん回す冥府エルフが絶対に弱いと断言するわけではありません)

 

次に、僕は巷で流行っていた通称ワンターンキルエルフというデッキの速攻性に注目し、そのデッキでは対応に詰まってしまう守護を連打してくるようなクラスに対しては冥府への道を解答に据える速攻とバーストダメージを両立したデッキを作ってみました(僕が今一番冥府エルフで見るレシピはこれな気がします。リノセウスが積んであるやつ)

 

このデッキを回してみた個人的な感想なのですが、なんというか、こう、噛み合うと強いのですがリノセウスで火力を出せるマナ域まで逃げ切れたのなら割と冥府圏内まで行けるような気がしてもどかしく感じていました。

 

そこでコンボを重視した最初に紹介したデッキと冥府一本に縛らない2番目に紹介したデッキの違いは何かということを考えました。

そして出した結論は前者のデッキは盤面に盤面できるカードがあまり入っていなかったのですが、後者のデッキにはリノセウスを通さなければいけないのとダメージを効率よく刻むための盤面制圧カードが気持ち多めに積まれている、というものでした。

 

そして僕はリノセウスを諦めました。

リノセウスを盤面制圧に使うという発想もありましたがリノセウスの攻撃力の計算を毎試合するのは疲れるので長期的に潜るのには向かないと思って〜(ポケモンで学んだ逃げ道)

算数云々は冗談としてリノセウスは場に出したターンしかパワーが補正されず1:1交換しか望めないので、盤面制圧力という観点から考えるとそこまで高い評価を感じませんでした。

 

そこで僕がエルフのカードの中で最も盤面制圧力の高いカードは何かを考えた結果『ティターニアの妖精郷』に目がとまりました。

 

このカードは場に出しておくと毎ターンフェアリーを無償で進化させることができます。単純に考えると毎ターン1マナ3点火力を5ターン目から(フェアリーを場に構えておけば)打ち続けられることになります。そして時には顔面にも飛ばせます。

 

採用する前は5マナ域のカードで少し重いかな〜とも思ったのですが、冥府エルフの上位勢レシピを覗いたところ根源への回帰が3積みされていたりもしたので、2枚くらい積んでも大丈夫だろうと判断し1600エーテルが飛びました。

 

今日の午後に組んだのでまだ回数を回せていないのですが使用感は悪くない感じです。

ドラゴンとぼこぼこ殴り合いを中盤以降も続けられて、さらに相手は重いフォロワーを連打しながら戦っているのに対しこちらは無限に手札に湧いてくる1マナのフェアリーを出しては進化させて殴っているだけなので相手のリソースが尽きるほうが早い時が多いです。

 

あと、進化させて殴れるということは墓地に29枚のカードがあればフェアリーだしから進化で相手の適当なフォロワーにぶつけて墓地に送れば30枚になるので、最後の背伸びに使えたりと見た目以上に器用なカードだなと思います。たまにティターニアだけで押し切れたりもします。

 

とりあえず僕がサービス開始日あたりからながながと考察してたことを文字に起こしておきました。僕が見落として穴になっているところがあったり、こういうカード出されたらどうしますか?といった質問を投げてくれると喜ぶので是非@nanamiso_pokeまでリプライ送ってもらえると喜びます(2回目)

 

最後に一言

 

エルフは収穫祭3積み安定やぞ

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちょうどよく眠くなってきたので寝ることにします。ぽやしみ〜😇